30代から始める、貯金100万。[格安モバイルに変更するメリット] | aruka blog

30代から始める、貯金100万。[格安モバイルに変更するメリット]

お金のこと考えてみた。

前回の記事にて軽く言いましたが私、格安モバイルに変更しちゃいました。

あるか。
あるか。

しかも機械オンチな私が店頭に行かずネットで出来ちゃいましたっ!
良く出来たな!?

ブログを書いていますが、実は機械(あとはネットが得意でない)オンチなので変更できるのか不安しかありませんでしたが意外とすんなり出来ちゃいました♪

そこで今回は、変更する際に感じたこと・実際に使ってみて分かったメリット・デメリットについて紹介していきますね。


スポンサーリンク

私が『格安モバイル』に変えたキッカケ。

男性。
男性。

格安スマホはいいぞ!料金が安くなった!

女性。
女性。

大手から切り替えて大満足♪

今までこんな意見をたくさん見てきました。

そんなに変えることで良いことがあるのか』と思ってみてもこんな事柄が頭をよぎり、行動に移すことが出来ない悶々とした日々を過ごしていましたね。

・今まで使ってたメールアドレスが使えない。
・切り替える時、店舗が少ないから難しい作業を自分で出来ないのでは?
ぶっちゃけ、作業が面倒くさい。

あるか。
あるか。

もっと色んなこと考えてましたが、大きかったのが『面倒くさい』ですね。
ただでさえ機種変でも手間取るのに、切り替えなんて・・・

そんな私が何故『格安モバイル』に変えたのか、キッカケについて少し語っていきますね。

みなさんにも当てはまる内容かも知れないので、当てはまったら切り替える方がいいかも・・・


大手携帯会社の料金高すぎでうんざり。

参照サイト:MMD研究所 このグラフのMVNOユーザーとは楽天モバイルのことですね。

中学卒業と共に、持ち始めた携帯ですが携帯機種こそ自分で行ってきましたが、会社を変更するだとかは行っていませんでした。

あるか。
あるか。

この携帯会社はネットが繋がりやすい、とか聞いたことはありましたが『へぇ~』くらいにしか思いませんでしたっ
そもそも変えるとかの発想がなかったんです・・・

ただ、どんなに頑張っても月々の料金が1万円以上になってしまうのは金銭面的にツライところではありました。

当時の料金内訳 (2年縛り)
・携帯本体料金 3980円
・通信費 4480円
・通話費 1800円
・その他保険代など 800円

学生だったらアルバイト代、社会人になってからもこの1万円は増額しないように注意するのに少なくなることもなく・・・

これも仕方のないことなのかな?と自分を納得させていたのですが、この3~4年からCMで見かける『格安モバイル』の登場で考えが変わっていきました。

月に2980円なんで夢のまた夢、みたいな料金で携帯が使えたらこんなことが実現するなぁ~、と考える毎日でしたね。

もっと貯金が出来るようになる!
・趣味や資格など『自己投資』に回せる幅が広がる。

なにより、現在行っている『貯金100万円』の為にも固定費の削減は重要だったので今回チャレンジすることとしました。


ドキドキの解約手続き。

参考サイト:NTTドコモ モバイル社会研究所 2019年の段階で格安スマホ利用者が18%と増えてますね。

生まれて初めての他社に乗り換えにチャレンジすることとなった私ではありますが、結果から言うと思ったよりも簡単に行うことが出来ました!

あるか。
あるか。

自分でもびっくりするくらい簡単に出来て拍子抜けです・・・
そりゃ、乗り換える方が増えてるはずですよ。

他社に乗り換えるにあたって、必要となるものは主に2つです。

SIMロック解除(携帯電話会社で購入された携帯は特に注意)
MNP予約番号(電話番号を引き継ぎするなら必須)


SIMロック解除はネットでお手軽解除。

SIMロックとは、購入した携帯電話会社以外で使用できないように端末にロックがかかっています。

このロックを解除しなければ、特定の携帯会社以外で使用することが出来ないやっかいなものでした。

あるか。
あるか。

消費者の流出を防ぐために端末に制限をかける『SIMロック』
外す際には、事務手数料3000円かかると調べた際に出てきたのでビビりました・・・

ところがどっこい、そんな手数料かかりませんでした!

この事務手数料ですが、該当するもの・しないものに分かれていてこんな感じです。

・店頭で対応してもらう→事務手数料3000円がかかる。
・電話で問い合わせる→事務手数料3000円がかかる。
・自分でHPから行う→タダ!

つまり自分で勝手にSIMロック解除するならタダでいいよ、てことですね。

各携帯会社によって解除方法は違いますが、『SIMロック解除』または『契約・内容確認』などで検索すると出てきますのでチャレンジしてみて下さい♪

あるか。
あるか。

解除の際に何やら怖い内容?が書かれているかも知れませんが、ほんとに特に問題なく使えますので気にしなくて大丈夫!!
これがすてきな格安モバイルの第一歩なので頑張りましょう!


MNP予約番号も時間もかからず受け取り。

次に取り掛かったのはMNP予約番号の取得でした。

このMNP予約番号とは、現在使われている電話番号をそのまま他社に乗り換えても使えるようにする為に必要な番号を指します。

あるか。
あるか。

知り合いの中には『今まで使ってた番号ごと捨てて新しい私になる』なんていいながら取得せずに変えた人もいますが、基本必要です!!
(あの人に一体なにがあってそんなことになったかは不明・・・)

このMNP予約番号を受けとるには、現在使っている携帯会社に問い合わせの電話にて聞く必要があります。

但し、この問い合わせも受け付け日・時間帯も決まっていますので電話する前に確認しておきましょう!(私は平日の19時頃かけました)

ネットで調べた際に、『時間がかかる』『引き止められて面倒だった』などの意見を見ていたのでどうしようかと考えていましたが案外すんなりと予約番号を受け取ることが出来ました。

あるか。
あるか。

むしろ、何日に切り替えたらお得だとか変更の仕方など親身に対応してもらえました・・・!
学生時代から今までお世話になりましたっ!

ここまでの中で、一番時間がかかったのは『乗り換えをするか・しないか』と言った自分の考えを決める時間でしたね。

乗り換え手順おさらいと補足
1、SIMロック解除(解除しても変化なし)
2、MNP予約番号の取得(取得は無料。この時点ではまだ解約ではない)
有効期限は約15日。でもネットで乗り換え手続きをする際に有効期限は最低10日ないといけない場合もあるので注意。
3、他社へ乗り換え手続き(ここで予約番号を入力して初めて解約となる)


スポンサーリンク

変えて分かった『格安モバイル』のメリット・デメリット

以上の過程を経て、無事格安モバイル『Rakuten UN-LIMIT』に乗り換えたのでした。

ここからは乗り換えた後で実感した格安モバイルに変えるメリット・デメリットについて述べていきますね。

あるか。
あるか。

より詳しいメリットなどは他ブログに多く紹介されていますので、私なりの目線で見た内容のみとさせて頂きますっ


『格安モバイル』のメリットとは。

『格安』モバイルと言うだけあるメリットは勿論、もしかしたら私だけかも知れないメリットまでを3つに絞って紹介していきます。

料金が安くなった。
契約縛りがなくなった。
モノを大切に使うようになった。


料金が安くなった。

やはり1番は料金が安くなったことが大きいですね。

あるか。
あるか。

何なら現在(2020年12月)行われているキャンペーンで1年間無料で使えちゃうんで更に安いっ!

勿論このキャンペーンがなくとも、電話のかけ放題やSMS機能・その他いらないのに付けなければならなかったサービスがない分、自分に合ったプランに合わせやすいことも安さの理由ですね。

ひと月あたりのデータ使用容量が500MBや1GBなどの低容量プランも多いので、あまりスマホを使わない人なら、さらに大幅にコストダウンすることも可能です。

携帯料金の変化度合。
・1年間無料 →1月あたり11060円の削減。1年では約13万円。
・2年目以降は3800円 →1月あたり7260円の削減。1年では約8万円。

契約の縛りがなくなった。

大手携帯会社では、契約してから2年以内に解約すると9,500円の契約解除料が発生する、いわゆる『2年縛り』がありました。

あるか。
あるか。

これ嫌でしたねぇ~
2019年に廃止されましが、それでも本体を2年置きに変えなければ高額になる、など上手く制度を潜り抜けたシステムはあります(実体験)

ですが、格安モバイルでは最低契約期間などもなく何時でも解約しても費用が発生しないものが多くあるのがとても魅力的ですね。

『Rakuten UN-LIMIT』では前記でも言ったように1年間無料な上に何時でも解約できるので『格安モバイルは気になるけど不安』と言った方には試しやすい携帯会社だと断言しますっ♪


モノを大切に使うようになった。(携帯本体など)

これは少し恥ずかしい話しにはなるのですが私、結構携帯を投げちゃうクセがありまして・・・(汗)

携帯カバーを付けてたり、投げる場所もクッション性のある場所など気をつけてますがたまに床・机などもありまして。

あるか。
あるか。

今まで2年置きに携帯を変える習慣?があったので
1年経つと、ついつい雑に扱ってたのです・・・

ですが格安モバイルに変更する際、電話番号と一緒に携帯本体も引き続き使うことにしたので壊れるまでこの本体を相棒にする予定です♪

すると一気に愛着が沸いてきたあるかは、モノを大事に取り扱うようになったとさ・・・(昔話風)


『格安モバイル』のデメリットとは。

ここからは、格安モバイルに変えたことで感じたデメリット部分について述べていきますね。

あるか。
あるか。

デメリットとは言え、正直な意見を言うとそこまで気にならないけど少し困ったかな?程度ですっ

特定の時間帯に繋がりにくい。
キャリアメールが使えない。


特定の時間帯に繋がりにくい(昼頃など)

格安モバイルに変更して、最初に気になったのは『ネット環境』についてでした。

いつものように昼休憩中に携帯をいじっていると、ページを開く速度が遅いことに気づき調べてみると昼間や夕方あたりは回線が繋がりにくいとの情報が。

あるか。
あるか。

とあるブログには格安モバイルごとに回線速度を計測されてましたっ!すごいっ!
(※このブログ主にはそんな技術は備わっていませんので各自確認お願いします・・・)

昼間は職場なので繋がりにくさを感じましたが、夕方以降は仕事に集中していたり自宅の無線LANを使用しているで、正直たった1時間にも満たない繋がりにくさは気になりませんでしたね。


キャリアメールからフリーメールに切り替えが面倒くさい。

大手携帯会社から格安モバイルに乗り換えると、それまで使用していたキャリアのメールアドレスが使用できなくなります。

格安スマホでも無料で専用のメールアドレスが発行される会社がありますが、発行されない格安モバイルも多いのでYahoo!メールやGmailなどのフリーメールを使用しなければなりません。

あるか。
あるか。

これまでキャリアメールで設定していたものをフリーメールへ変更する作業が大変でしたね・・・
アプリから銀行・ブログなどの通知など全てとなると地味に時間がかかりました。

参考までに言うと、キャリアメールで届いた先のアドレスをフリーメールに変更する作業に1ヵ月かかりましたw


機会音痴でも自宅で簡単に変更できたのでオススメ!

今回は格安モバイルに変更することで固定費の削減が出来るけどこんなメリット・デメリットがあると言った紹介でした。

・もっと貯金が出来るようになる!
・趣味や資格など『自己投資』に回せる幅が広がる。
・契約縛りがなくなった。
・モノを大切に使うようになった。

・今まで使ってたメールアドレスが使えない。
切り替える作業が面倒くさい。
・特定の時間帯に繋がりにくい。

やはり慣れ親しんだ大手携帯会社を解約して、格安モバイルに変更することにためらう方もいるかと思います。

そんな方は、まずは切り替えでなく格安モバイルの2台持ちにチャレンジしてみて、使い勝手や本当に自分に合ったものか確認すると安心できます♪

あるか。
あるか。

私もまずは1年無料の『楽天モバイル』の2代持ちを1ヵ月使ってみて変更することにしましたっ♪
実は以前の『電力会社の変更』にも関わりがあったので試せて良かったです!

以上、あるか(@arukablog)でした。


節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました