30代から始める、貯金100万。固定費編[電力自由化を選択] | aruka blog

30代から始める、貯金100万。~固定費編~[電力自由化を選択]

お金のこと考えてみた。

この記事は、私たちの生活環境に合わせた電力会社に変えちゃうだけで月々の固定費を削減できちゃうことを紹介するものです。

あるか。
あるか。

私も無事変更することで電気代が安くなりました♪

最初の契約こそ面倒くさいけど、それ以上のメリットがあるよっ

でも元々使ってた電力会社から変えるとなるとこんな不安が出てきます。(実際に、変える前の私もそうでした。)

電力会社を変えるときに感じる不安。

今よりも高額になるのでは?

停電時に復旧が遅れちゃう?

そもそもほんとに安心なの?

こんな不安に感じる部分も、ちゃんとした知識を得ることで解消することが出来ます。

電力会社を変えることで固定費削減は勿論、他にも良いことばかりなので不安解消だけでなく、しっかりと解説していきますね。

前回の内容はこちらからどうぞ!


電力契約の切り替えで変わる固定費。

<img loading=
1つ1つの行動で『固定費削減』されていく。

貯金100万円の近道は、何と言っても固定費の削減にあります。

その理由を簡単に説明するとこちら。

収入増やす? → 給料から天引きされる税金も増える。

支出をなくす? → どこにどれだけ払ってるのか把握しないと無理。

安く買うとこ回る? → 行動するにも労力掛かるし、時間もかかる。

まずは、一度見直すことでずっと削減出来る・労力に見合うだけの価値がついてくる・誰でも出来ちゃう、『固定費の削減』は必ず取り組んでいかなければなりませんね。

あるか。
あるか。

面倒なのも最初だけ!
固定にかかる費用だからこそ、設定しちゃえば後は勝手に削減♪


電力自由化ってなに?

2015年まで、家庭や商店向けの電気は各地域の電力会社(東京電力とか関西電力など)のみ販売していて、他の会社から買うことが出来ませんでした。

あるか。
あるか。

お店で例えるとデパートでしか買い物出来ないって感じかな?

スーパーやコンビニ・小売店では買えないよ。

ですが、2016年に『電気の小売業の参入=電力自由化』が始まったことで選択する自由が生まれました。

つまり、自身の生活環境や価値観に合わせたサービスや料金が選べるようになったワケです。

あるか。
あるか。

つまりお手軽なコンビニとか、サービスしてくれちゃう小売店とか選びたい放題ってことね♪


電力会社の切り替える人ってどれだけいるの?

そもそも、2016年から始まった『電力自由化』はどれくらいの人が切り替えているのでしょう?

あるか。
あるか。

残念ながら、私の周りにはいませんでした・・・

現在(2020年7月)のデータが上記です。

何だか小難しい言葉が書いてますが、要は『スイッチング開始申請件数』が電力会社を変えた件数ってことですね。

情報照会が合計値(全戸)とのことならば、首都圏はかなり変更されていますが10分の1にも満たないことが分かります。

あるか。
あるか。

新しいことにチャレンジするのは不安だからかな・・・?

それとも、まだ浸透してないからかも知れません・・・。

でんきの比較インズウェブ

電力会社を変えることで起こる、メリット・デメリット。

<img src=
変えることで良いことも悪い部分もあるものです。

ここからは、電力会社を変えることで得られるメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

あるか。
あるか。

私たちの生活環境に合わせた電力会社でなければ、デメリットが大きいかも!?

ちゃんと理解した上で、行動していきましょう!

月々の支払いが安くなる。
環境に優しい電力発電を選択できる。
電力の『質』は変わらない。
家庭環境によっては割高になる。
解約すると違約金、支払方法も限定的。
紙の請求書が有料。

新電力に変えるメリット3選。

まだまだ切り替える人が少ない『新電力』ですが、どのようなメリットがあるのか簡単にまとめてみました。

あるか。
あるか。

切り替える手間をかけるだけの良いことがあるのか見ていきましょう!

切り替えるメリットとして、この3点が挙がられます。

月々の支払が安くなる。

環境に優しい電力発電の選択。

変更しても電気の質は変わらない。


月々の支払いが安くなる。(固定費の削減)

まずは、何と言ってもこれですね。

これが最大のメリットと言っても過言ではないです。

あるか。
あるか。

実際に、私自身も固定費の削減=月々の支払いが安くなるから切り替えたワケですしっ!

大手携帯会社3社に比べて、格安スマホ会社が多くあるように電力会社も元々使っていた所よりも安い料金プランを提供している会社が多くあり、中には年間で2万円もの差がつく場合もあるんです。

一度見直すだけで、簡単に節約できる『固定費の削減』は本当にお得なので変えるだけの価値がありますね。


環境に優しい電力発電を選択できる。

一時期、電力を作る為のエネルギーについて多くの意見が出てきました。

今後の未来に向けて、考えていかなければならない大切な問題ですよね。

そんな発電方法によって、電力会社を選んでいけることが出来るのも『新電力』なんです。

あるか。
あるか。

それぞれの会社によって、発電方法の割合が違ってきます!

自分の思いに合った電力会社を選べるなんて、素敵ですね♪


元々の電気の質が変わらない。

『新電力』になると停電しやすくなったり、そもそも十分な電力が届くの?なんて心配をされているかも知れませんね。

あるか。
あるか。

ですが心配ご無用!

日々の日常生活やもしもの有事の際にも安心なんです♪

電気を家庭まで送る送電網(電気を送る施設から電線までの総称)はこれまでどおり大手電力会社が管理しますし、もし新電力に不備が生じても大手電力会社がバックアップするような制度になっています。

つまり私たちは安い料金で、自分にあった新電力をこれまでと同じ品質で使い続けることが出来るワケですね。


新電力に変えて起こるデメリット3選。

<img src=

では、逆に新電力に切り替えるリスク(デメリット)とは何でしょうか?

あるか。
あるか。

分からないまま契約して後悔する前にしっかりと抑えておきましょう!

切り替えるリスク(デメリット)としてこの3点が挙げられます。

家庭環境によっては割高になってしまう。

解約時に違約金が発生・支払方法も限定される。

紙での請求書が有料化。

家庭環境によっては割高に。

今まで使用していた電力会社に比べて、新電力では様々なプランを展開しています。

あるか。
あるか。

これだけ聞いたら『あら、素敵』なんて思いますが、たくさんプランがあるからこそ割高になっちゃうかも知れないんです!

新電力を取り扱っている会社は多くある為、他の会社にはない『料金プラン』を取り扱っています。

例としてこんなプランを出してみます。

A社・・・基本料金あるけど、たくさん使った分だけ安くプラン。

B社・・・基本料金0で、使った分だけお支払いプラン。

C社・・・平日のお昼は料金高いけど、夜は安いプラン。

こんな料金プランの場合、あまり電気を使わないのにA社で契約してしまったら基本料金がかかる+あまり使わないから安くならないので割高してしまいます。

B社も同じく、たくさん使う人が契約すると使った分だけ安くなるA社に比べると損になってしまうように、家庭環境(1人暮らし・子供がいる・日中は家にいるなど)によって電気の使い方が違いますよね。

あるか。
あるか。

ここで損をしないためにも、自分のライフスタイルにあった料金プランを選ぶことが大切!


解約すると違約金、支払い方法も限定的?

新電力の中には、契約期間を決めて期間内・更新月以外で解約した場合に解約金・違約金が発生してしまう場合があります。

あるか。
あるか。

何てこった!

契約する前に要チェックだね!?

全てとは言わないですが、長期の契約で割引する・ネットや他のセットで契約して割引するプランは解約金を設定している傾向があるので注意して見てみて下さい。

合わせて多いのが、支払方法がクレジットカードのみと言ったケースです。

今までは、銀行の口座振り込み・振込票でコンビニ支払いと言った方法と選ぶことが出来ましたが、新電力では限定されている会社が多いですね。

あるか。
あるか。

ここでコストカットする分、料金が安い点もあるんでしょうね・・・

でもクレジットカードなかったらどうするの?

クレジットカードを用意できない・支払いには設定したくないという人は、口座振替などにも対応した新電力を選ぶようにしましょう。

こちらも各社公式サイトの『よくある質問』などで確認することが出来るので事前の確認が大切ですね。


紙の請求書が有料に。

支払方法と同じく、今まで当たり前のように送られていた検針票(料金明細書)も新電力の場合、ほとんどの会社では発行・発送されません。

あるか。
あるか。

料金を確認するには、webページで確認するだけなんですっ

でも、どうしても紙で確認したい場合はどうするの?

紙で確認・管理をしたい人は、webページの印刷・または別途追加料金を支払い発行してもらう2種類の方法があります。

ですがwebで確認・管理をする方が、電気使用量を月別・日別・時間別で見ることが出来るのでオススメですよ。

あるか。
あるか。

webでは簡単に先月比や現在まで使った使用量まで分かるのでとっても便利ですよ♪

でんきの比較インズウェブ

電力会社の選び方。

<img loading=
自分に合ったものを選んでいこう。

ここまでを通して、新電力について・メリット・デメリットを紹介してきました。

ここからはこれらを踏まえて、自分に合った新電力を選んでいく方法とポイントを解説していきます。

あるか。
あるか。

失敗しない為に抑えるべきポイントはたったの3つ!

もう少しお付き合いください♪


押さえておくべきポイント。

あるか。
あるか。

メリット・デメリットは分かったけど、自分にあった電力会社って何なのか分かんないっ

切り替える前の私のように、メリット・デメリットを把握しましたが、どこが自分のライフスタイルに合った電力会社なのか選びきれないかと思います。

そんな人の為に、私が実際に切り替えた際に重要となった情報やポイントを解説していきますね。

ここでの解説には現在使用している電力会社の『検針票』が必須なので、実際の票を見ながらご覧ください。

今回はこの3点を挙げました。

1年を通した電気使用量の確認。

電力会社(新電力)の対応。

違約金など追加料金の有無。


1年を通した電力使用量をチェック。

先ほどのデメリットで解説しましたが、新電力は必ずしも全員が電気代を安くなるわけではありません。

失敗しない為には、まずは自分の電気使用量や電気代を把握しておくことが大切です。

そこで必要となるのが検針票。

あるか。
あるか。

出来れば一年分あれば完璧ですが、ない場合でも直近3か月を参考にしてみて下さい♪

検針票で確認したいのが、『電気使用量(kwh)』『契約アンペア』『1ヶ月の電気代』の3か所。

この3つを確認することで、現在の電気環境を確認する・切り替える際に提示する情報の把握も出来るのでとても便利です。

切り替える際、現在の契約先情報である
・契約者名
・契約者番号(端に記入されている数字)
・契約種別
を提示する必要があります。
全て検針票に記載してありますが、分からない際は契約電力会社に電話確認しなければなりません。


電力会社の対応をチェック。

新電力に切り替えるにあたり、どうしても分からない部分が出てくるものです。

あるか。
あるか。

自分で調べてみても見つけられない!
なんて時に、丁寧に教えてほしいものですっ

例えば申し込み・契約変更のために、電力会社に連絡をする時を考えた際。

急いで確認したくても10分・20分待っても電話が繋がらない、なんてことになったら困りますよね。
(携帯会社変える時は30分以上待った記憶あり)

実際に『電話が全く繋がらない』なんて新電力もあるので、顧客対応に関する口コミは要チェックです。

また、電話以外の連絡手段(チャット・メール)など多くの手段がある電力会社は◎ですね。

問い合わせの電話がフリーダイヤルでなかったり、土日休みだったりするケースも多いので、電力会社の定休日も把握しておけば安心。


違約金など追加料金をチェック。

最後に、新電力の解約金・違約金など追加料金の有無をチェックします。

実際にいくつか新電力を確認してみましたが、多くの新電力で解約金はありませんでした。

あるか。
あるか。

あくまで私が確認してみた結果ですが・・・

もしもあるならどんな条件なのか・負担できる金額か、などを事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

でんきの比較インズウェブ

比較サイトで1番節約できるプランを選ぶのがお手軽。

今回は固定費の削減として電力会社の切り替え(電力自由化)について解説してきました。

わたし自身、切り替えて2か月(2020年8月現在)ほど経ちますが問題なく快適に過ごしています。

あるか。
あるか。

毎日どれだけ使ったかな~?なんて、確認するのが日課になっておりますw

実は1年前からずっと変えたいと考えていたのに『でも周りに切り替えて人なんていないし、何も分からないし、失敗したらetc』なんて言い訳ばかりしていました。

そんな自分を本気て変えたいっ!と勇気をふりしぼった結果、案外簡単にできて拍子抜けしたワケですが・・・

普段の何気ない中でも、ちょっと行動して変えるだけで生活が豊かになっていくことをこれからも少しずつ証明・情報共有していきますのでよろしくお願いしまっす!

以上、あるか(@arukablog)でした。



節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました