VIO(デリケートゾーン)の気になる黒ずみ!美白クリームと自宅ケア方法。

周りの人に恥ずかしくて相談出来ないけれど、VIO(デリケートゾーン)の黒ずみが消えない・・・なんて悩んでいませんか?

あるか。
あるか。

こんなデリケートな話題、他の人に相談できないっ!
でも何とかしたいっ!!

なにが原因で『黒ずみ』が出来てしまうのか分からないまま自己流のケアをしてしまうと却って悪影響になってしまう可能性もあります。

なので、今回はVIO(デリケートゾーン)の黒ずみの原因とケアをする為の商品・自宅でも簡単に出来る対策について紹介していきますね。


ケアに必要なのは『メラニン』の生成を抑える。

黒ずみ』は、私たちが生活していくなかで起こる皮ふ刺激(圧迫・服の摩擦)によって生成された『メラニン』によるものです。

あるか。
あるか。

なので刺激のつよい肘や膝、脇などの関節部分が『黒ずみ』が発生しやすくなるわけですね。

つまり対策としては、この生成される『メラニン』を抑えることが出来れば自然な肌色になるわけですね。

対策として『メラニン』を抑える成分を含み、摩擦が起こらないように、優れた『専用クリーム』が最適なんです。

あるか。
あるか。

髪のことを考えた『シャンプー』があるように、デリケートゾーンに『デリケートゾーン専用クリーム』がいいんですっ!

詳しい原因と自宅ケアの方法を解説していきますね。

新基準!新しい黒ずみケア ホスピピュアVIO

そもそも『黒ずみ』になる原因とは?

<img src=
あるか。
あるか。

なんで気になるデリケートゾーンに『黒ずみ』が出来ちゃうのさっ!

デリケートゾーンでこんな悩みを抱えている方は多く、私が調べた中でこのような意見がありました。

・VIO脱毛で肌の色味が目立つようになった。
・彼に遊んでると思われないか怖い。
・汚いと思われないか。
・かわいい下着や水着が着れない。
・デリケートな部分なのでケアの仕方が分からない。

今回『黒ずみ』について調べる前の私は、下着の摩擦などによって何らかの炎症が起こってしまい、跡が残った姿が『黒ずみ』かと考えました。

ですが実際は、肌同士で摩擦が発生→肌に刺激を与えて黒ずみの原因になる『メラニン』を多く分泌させてしまう、といったものでしたね。

他にも質の悪い下着やナプキンや乾燥をしていると、強い刺激となりデリケートゾーンだけでなく、足の付け根部分まで『黒ずみ』になってしまうんです。

1つずつ内容を解説しますね。


黒ずみの原因は刺激による『メラニン』。

私たちの身体は、下着や肌同士の摩擦・締め付けなどから身体を守るために、『メラニン』を生成しています。

この『メラニン』を生成することで、肌の中まで悪影響が浸透することを防いでくれるのですが、『メラニン』が集まると肌が黒くみえてしまいます。

あるか。
あるか。

これがいわゆる『黒ずみ』ですねっ!

以前の記事にも『メラニン』について紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

特に皮ふが数十分の一ぐらい薄いデリケートゾーンは、他の部位とは違い、敏感でよりダメージを受けやすいわけです。


摩擦は乾燥しているとより強くなる。

さらに刺激が強くなってしまう『乾燥』はより多くの『メラニン』を生成してしまうので注意が必要です。

今回の話しとは外れてしまいますが外部の刺激が強く、乾燥しやすい肘や膝などは、自分でも気づかない間に『黒ずみ』になってしまうワケですね。


良かれと思ったケア方法が逆効果!?

自身のデリケートゾーンのケアとして、こんな方法とってませんか?

・ゴシゴシと洗いすぎる。

・ピッタリとした下着を着用。

・無理な自己処理。

実はこの上記の方法、間違ったケア方法なんです。

肌の過剰な洗いすぎは必要なバリア成分まで洗い流してしまい、逆にバリア機能が低下・より刺激に弱い『乾燥肌』になってしまいます。

ピッタリサイズの下着も身体を締め付け・圧迫させてしまうことが刺激となり『メラニン』が生成されていくことに繋がりますね。

あるか。
あるか。

そして無理な自己処理は絶対ダメ!

肌を傷つけてしまったりするので、正しい方法を知っておきましょう!


黒ずみと『匂い』は関係あり?自宅ケアの大切さ。

デリケートゾーンの『匂い』と『黒ずみ』にも、実は深い関係があるんです。

デリケートゾーンは通気性が悪く蒸れやすいので、放っておくと『ニオイ菌』と言う雑菌が繁殖していきます。

このような状態が続くと、身体のホルモンバランスも崩れてしまい、肌のターンオーバー(皮ふ細胞の入れ替わり)が上手くいかず、『黒ずみ』が残ってしまいます。

つまり、保湿だけでなく自身のケアも行わなければターンオーバーされず『黒ずみ』も消えない・ニオイ菌の繁殖により『匂い』も気になる状態に。

あるか。
あるか。

乾燥も蒸れもダメっ!
ならどうすればいいのさっ!


デリケートゾーンにオススメなケア用品。

今回は『黒ずみ』対策と言うことで、メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸を配合した、美白成分たっぷりなホスピピュアVIOについて紹介してみますね。

あるか。
あるか。

巷では効果がないなどの声もありますが、実は『黒ずみ』にはちょっとした注意点があるんです。

合わせて紹介しますね。

ポスピピュアVIOの効果と周りの声。

ポスピピュアVIOとは、黒ずみ原因となるメラニンを抑える成分『トラネキサム酸』を含んだ医薬部外品の美白クリームですね。

トラネキサム酸だけでなく、『トウキエキス』という成分によって、美白効果を最大限に届けてくれる特性があり、より効果が実感できます。

実際の使用している方々の声を集めてみました。

30代女性。
30代女性。

ベタベタとした不快感がなくて、塗った側から浸透・保湿されるけどサラサラで使い心地がいいですね。

40代女性。
40代女性。

黒ずみだけでなく、黄ぐすみ両方にアプローチ!

お風呂上がりに気になる部分に塗るだけで簡単ですね。

ですが集めていくなかでこのような意見もありました。

20代女性。
20代女性。

全然効果を感じない。

保湿されることで黒ずみがマシになればいいけど・・・

あるか。
あるか。

効果が感じられないと悲しいですよねっ!
でも、もしかしたら効果がないと判断するのが早いからかも知れません!


すぐにケアした効果が現れることはない。

デリケートゾーンの『黒ずみ』はどの部位よりも厄介で、1日や2日で解消できるものではありません。

デリケートゾーン専用のクリームなど、正しい方法でお手入れすることで、確実に改善されていき、改善だけでなく黒ずみの予防もできます。

ですが、女性の身体はとてもデリケートなので、女性ホルモンによる影響や、ターンオーバーの周期が28日くらいと言うこともあり即効性はありません。

あるか。
あるか。

少しずつ身体の調子を整えてながらじっくり対策していくことが大切ですね♫


実際、使用者の良い効果が出たとの意見は使い始めて1ヵ月〜3ヵ月程なので、まずは3ヵ月は使わなければ効果は感じられません。

現在は最大約50%オフのお得なプランもありますのでお得に試すチャンスですね♫

自宅で簡単!+実感美白 ホスピピュアVIOはこちら。

自宅で出来る黒ずみケア方法。

<img src=

ここでは自宅で行うケアとして、必要なる栄養素と食材・その他の行動の中で行う対策を解説していきますね。

あるか。
あるか。

身体にいいもの食べて規則正しい生活を送ることが大切っ!


必要な栄養素とターンオーバー・美肌につながる効果を含んだ食材。

身体の中から改善する為には食べるものから意識知ることから最適です。

ここではそれぞれ『黒ずみ』対策に必要な栄養素を多く含んだ食材をご紹介していきますね。

あるか。
あるか。

黒ずみだけでなく、肌にもいい栄養素でもあるので要チェックです♪

ビタミンA

肌のターンオーバーを促進する栄養素。

・アンコウの肝(キモ)
・レバー
・うなぎ、など

ビタミンB群。

ビタミンB群には色々な種類がありますが、それぞれが助け合いながら細胞や粘膜の健康維持などのために働いています。

・レバー(牛・豚・鶏)
・魚類(マグロ・カツオ・うなぎ等)
・納豆
・牛乳、など

ビタミンC。

美肌を作る栄養素で、抗酸化作用によりアンチエイジングや、身体のサビを取ってくれる働きがあります。

・アセロラジュース
・赤ピーマン
・ケール、など

たんぱく質。

肌を作る材料となり、低下すると身体の機能低下につながることもある重要な栄養素。

・肉類全般
・魚類全般(特に、イワシの丸干し・いくら・すじこ、など)

これらの食物を取り入れたメニューを作り、肌の新陳代謝を心掛けることで、より『黒ずみ』が改善されるので要チェックですね♫

あるか。
あるか。

魚関係捌けないのではなかなか食べられない、なんて方は缶詰がオススメですね♫

意外と旨味と栄養素を多く含まれてるので、食べて美味しい・身体も嬉しい商品です!


自宅で出来るその他のケア方法。

<img src=

食べ物だけでなく、生活の中での行動も『黒ずみ』対策に挙げられます。

あるか。
あるか。

これもさらっと解説していきます!

ゆとりのある服・下着。

上記でもありましたが、締め付けや圧迫によって『黒ずみ』に繋がってしまいます。

ピッチリとした補正下着などは、どうしても必要な場合にのみ使用し、天然素材のコットンやシルク製のシームレスタイプがおすすめ。

自己処理は電気シェーバーを。

カミソリや毛抜きでの処置は、大切な肌を傷つける大敵。

負担の少ない電気シェーバー、または脱毛をおこない清潔な状態を保つことでニオイ菌も繁殖しません。

規則正しい生活を送る。

刺激を受けなくなれば、不要となったメラニンもターンオーバーに合わせて、自然と体外に排出されていきます。

不規則な食事や睡眠はターンオーバーの乱れに繋がるので規則正しい生活を心がけましょう。

あるか。
あるか。

あれ?黒ずみの話しなのに、最終的には規則正しい生活をおすすめしたのですが!?

まぁ、これも黒ずみ対策にはなりますけど!


専用ケア商品と私生活の改善で黒ずみ対策を!

今回は、デリケートゾーンの黒ずみに対する原因・改善方法について紹介しました。

今回はデリケートゾーンと限定して紹介しましたが、この他にも顔の黒ずみなど、別のテーマについても紹介していく予定なので今後をお待ち下さいね。

あるか。
あるか。

私たち女性の悩みを改善してココロを豊かにしちゃいましょう♫

以上、あるか(@arukablog)でした。



日記・雑談ランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました