[お金の失敗談]地方銀行の窓口で投資信託したら大損した話し。

日本の金利は普通に預けても0.001%ですよね。

昔は郵貯に預けて置くだけで12%なんて、とんでもない時代もありました。

あるか。
あるか。

今では考えられないですよねっ!

そんな時代だからこそ、お金をなんとか増やしたい・・・と安易に考えた結果、残念な結果に終わってしまった経験をしました。

私みたいな散々な目に遭う人が出ないように、自分の反省も込めて記事として報告します。

100%実話で偽りない金額も書いてますので是非読んで見て下さい・・・


資産運用する前に考えておきたい3つの事柄。

失敗談を話す前に、資産運用をする前に考えておかなければならない3つについて簡単に紹介しておきますね。

普通に預けているままだと資産は増えないからと、行動することはとても良いことであり、大事なことです。

あるか。
あるか。

老後の2000万円問題もありますものねっ!

考えるだけでなく、行動することは凄いことですっ♫

だからこそ、基本中の基本でもある『資産運用』する前に知っておかないといけない情報を知っていきましょう!

こんな記事読みました。[貯金実態調査2019]
10月から消費税上がっちゃいますね。そんな中、こんな記事見つけちゃったので皆さんにシェアしてみます。

貯金(現金)を増やしておくことを最優先に。

<img src=

まずは、自分がどのくらいお金を得ているのか(収入の把握)・どのくらいお金を使っているのか(支出の管理)を確認することが大前提です。

あるか。
あるか。

これが分からないまま初めても失敗することは目に見えてますよっ!最初に身の回りのお金の流れをみましょう。

管理の仕方については、お金の動きを把握お金の見える化の仕組み作りを参考にしてみて下さいね。


小額から始めていくこと。(大金を一気に使わない)

<img src=

『資産運用』には、このような様々な種類があります。

・不動産投資

・株式投資

・仮想通貨

・FX

あるか。
あるか。

どの種類でも成功している人がいますが、ごく一部です。

『投資』には必ずリスクがある事をお忘れなく!

始める金額が多ければ多いほど、利益が発生した際に2倍・3倍と大金となって返ってきますが元本が補償されない為、注ぎ込んだ金額が返らない場合もあります。

初心者で、簡単に利益が出るならどんな人でも行っていますよね。

慣れない内は小額から始めて、様々な経験(勉強)を積み重ねたあとで無理のない範囲で金額を増やしていきましょう。


手数料は出来る限り払わないこと。

『投資』には取引ごとに『手数料』が発生します。

この手数料』を抑えることが最も大事と言ってもいいかも知れません。

あるか。
あるか。

私が失敗した理由もこの『手数料』が大半なんです・・・

手数料だと笑うと、いずれ泣かされるワケです。

例えば、運用手数料(お金を動かすための手数料)が年率2%の場合、100万円投資すると1年で2万円もっていかれます。

これは利益が出る・出ないに関わらず、ですね。

他にも、購入する為の『手数料』、口座を開設する為の『手数料』など、お金を動かさずに保有しているだけでも発生するものもあります。

1円でも『手数料』がかからない方法・会社選びがポイントですね。


投資信託で失敗した3つの理由。

あるか。
あるか。

お待たせしましたっ

ここからは実体験を基に失敗した理由を公開します・・・

大半は、まぁ、いつもの私のドジなのですが( ^ω^)

これは5年以上前の話し。

この頃の私は、長年勤めた会社を退職したことで入ってきた退職金を何かに生かせないか考えていました。

長い間、一生懸命働いた成果でもあるお金をただ預けておくのではなく有効活用できたら素敵だなぁ~、との思いがあったワケですね。

ですが、とある3つの失敗を犯した結果は大損したのでした・・・

どんな失敗を犯したのか、その際ポイントとなる情報と一緒にご紹介していきますね。


失敗その1 知識を得ようとする努力を怠った。

<img src=

どうお金を活かすのか、考えること10分ほど(早すぎる)

ふと目についた地方銀行のキャンペーンで掲げてあった『投資信託』を見てすぐに決めて銀行に入っていきました。

あるか。
あるか。

『そうだ、京都に行こう。』ぐらいのテンションでしたねっ!

いつもは優柔不断なくせに、何故ここは即刻決めたのか・・・

上記で説明した通り、『資産運用』には様々な種類がありますがこの『投資信託』を選んだのは、ただ単に『目についた』だけと内容も知らないまま決めてしまいました。

この始めようとの意気込みは良かったですが『資産運用』について調べる手間や知識を得ることを怠ったのは失敗と言うしか出来ませんね。

あるか。
あるか。

いや、ここでFXとか仮想通貨に手を出さないだけ幸いだったのかな?

どちらにしても知識0のまま手を出すものではないですが・・・


投資信託とは?

ここで出る『投資信託』とは、簡単に説明するとプロの方が選び抜いた株や債券のおまとめ商品を指します。

あるか。
あるか。

身近に例えるなら料理人(プロ)が選んだ食材(株・債券)で作ったお弁当(投資信託)ってなりますw

このお弁当(投資信託)は沢山種類が販売されていて、欲しい商品を購入して持って帰り(運用する)、食べて美味しい(利益)又は口に合わない(減益)かは誰にも分かりません。

帰ってる最中に、転けて落としてしまう(元本割れ)こともありますね。

そして購入する金額の中には料理人(プロ)や販売元に利益分(手数料)が含まれることをお忘れなく!

あるか。
あるか。

どう?分かりやすかったかい?親友よ。

親友。
親友。

とんでもない例えだけど、何と無く分かったわ。(久々に登場したな・・・)


投資信託の入り口は身近にある。

この『投資信託』は実は色んなところで売買されています。

投資信託を取り扱っているところ。

・銀行

・保険会社

・郵便局

・農協

・証券会社

あるか。
あるか。

この中で私は、銀行で始めました・・・

ここで重要なのは、銀行窓口で勧められるようなものを安易に購入しては絶対ダメと言うこと。

後ほど説明していきますが、大半はそのコスト(銀行の利益分など)が高い傾向がある為です。

人が関わる分だけ(卸業者)コストが高い(手数料が高い)商品(お弁当)になることですね。

親友。
親友。

最後までお弁当で説明したよ・・・


失敗その2 目の前の撒き餌に釣られた。

<img src=

きっとこの時の私は、『飛んで火に入る夏の虫』『カモネギ(ポケモンでない方)』だったと思います。

ふらっと、入ってきて『知識ないけど投資したいです』なんて自分でもオカシイレベルだと今では自覚しています・・・

親友。
親友。

そんな状態で、よく購入しようと思ったね?

あるか。
あるか。

窓口の人に出された資料には利益がすぐに出るだとか、将来はこれで大丈夫だとか書いてあったので・・・

親友。
親友。

なるほど、メリットばかりの資料に釣られた、ってワケね。


出される資料は良い部分だけの切り取り。

窓口から出される資料にはデメリットを書かず、とんでもない詐欺まがいなものを平然と勧めてくることもあり、問題になりました。

あるか。
あるか。

全てがそうである、とは言いませんが問題があったことは事実なので、信用しすぎは厳禁です!

『これだけ手数料かかるのは当然』、『成果がでるのは長期間かかるのは当たり前』そんな説明を受けた覚えがありますが、これはある意味正しく・間違いでもあります。

銀行にとって、手数料は経営するため必要な収入源な為、特別高めに設定しているので、別で購入した方が手数料がかかりません。

成果に関しても、長期間かかる大部分の理由は『高い手数料』を取り戻す為です。

あるか。
あるか。

そりゃ、最初からマイナススタートなんて勝てるものも勝てないですよね・・・


失敗その3 他社の商品と比較を行わなかった。

<img src=

最後にやらかしたのは、他の金融機関と比べることなく購入してしまったことですね。

当時の資料があったので、改めて手数料を確認したところこんな内容でした。

購入手数料・・・3.3%

運用管理手数料・・・2.42%

信託財産留保額(解約手数料)・・・0.5%

あるか。
あるか。

最終的な合計手数料は6.22%!?

後に比べると、とんでもなく高い手数料だと分かりますよっ!

以上3つの失敗をしてしまった結果、高額な手数料を払って『投資信託』を始めて見事に大損したのでした。


投資信託で失敗した結果。

あるか。
あるか。

ここからは、購入した後にどうなったのか・最終的な損失額をガチで発表しちゃいます!

今では、動画やTwitter・ブログなどで資産運営について注意喚起されている方がいますが、実際やってみてどうなったのかについて触れていませんでした。

ここからは、私の実際の損失額を見ながらこんな失敗をしないように私なりの反省・注意喚起としますね。
(もうネタにするくらいしか出来ないですし・・・)


ばか高い手数料を取り返す道のりが長い。

購入〜解約するまで約5年間ほどかかりました。

あるか。
あるか。

購入した後も、知識を得ることなくそのまま放置してたんです。

毎月、銀行からくる資産状況を伝える手紙には素人が見ても分からない用語やグラフが並んでいて、当時は理解することを放棄していました。

改めて見直すと、購入までにかけた手数料分すら解約までに取り戻すことなく終わっていましたね。

今回購入した『投資信託』を銀行からのオススメ商品かた選んだのも、取り戻せなかった要因かもしれません。

銀行のオススメ商品は特に金融機関が儲けるための手数料が高めに設定されることが多いので、より取り戻しにくい!

資料通りの利益なんてない。(儲けがない)

最初に見せられた資料には、現在よりも経済が良くなることを想定しながら作成されていました。

ですが、実際には相場は上がったり下がったりを繰り返しているので、常に良い結果ばかりとは言えませんよね。

あるか。
あるか。

現在の状況を考えてもらえばわかりやすいですよね。

今やリーマンショック以上の不況とも言われてるワケですし・・・

実際に購入した時よりも経済状況が悪かった為、投資信託自体も成績が下がっていましたね。

長い時間をかけて、やっとこの状況を理解した私は、思い切って投資信託の解約を行うことにしました。

親友。
親友。

成績良くなるまで置いとくとか選択肢はなかったの?

あるか。
あるか。

この商品で手数料と利益分を得ることは出来ない、むしろ下がる一方だなと感じたからね。

実際に現在も下がってたし・・・


手元に返ってきた金額。

解約を済ませた後、結局手元にはいくら返ってきたのか確認した結果がこちら!

購入前の金額(元本)・・・180万円

       ↓

解約後金額・・・160万円

親友。
親友。

20万も減ってるじゃん。小額から始めないといけないんでしょ?

こんなにあればswitch何台分買えると思うの???

あるか。
あるか。

は、反省してます・・・(泣)

無知は罪ですネ・・・
(親友、もしかしてswitch買いたいのかな?)

細かな数字を入れたらもう少し減っていますが、大まかに言うと約20万円ほどの減損で終わりました。

これがキッカケに、『貯金なんて結局無駄になる』『もう、その日の自分が良ければ貯金なんてしなくてもいい』と考えてしまい、最近まで全く貯金を行いませんでしたとさ・・・

あるか。
あるか。

そんな私も、やっと『貯金』に目覚め現在チャレンジ中でっす!

30代から始める、お金に悩まない生活。[貯金100万目指す]
少しずつお金について意識して考えるようになってきました。今まで貯金なんてあまり考えてきませんでしたが、これをキッカケに考え方を改革します。

資産運用する銀行窓口でなくネット証券がオススメ!

今回は過去にあった『投資信託』の失敗談でした。

現在もこのブログ内にて、多種多様なドジを仕出かしていますが、過去にはもっと多くのドジをしてたワケですね( ;∀;)

あるか。
あるか。

未だにやってないドジの方が少ないような・・・?

お酒の失敗がないくらいですかね??(あれ、フラグかな?)

今回の話しでは、残念な結果になってしまった『投資信託』ですが、以下の3点をしっかり押さえておけば悪い手段ではありません。

・貯金(現金)を増やしておくことを最優先に。
・小額から始めていくこと。(大金を一気に使わない)
・手数料は出来る限り払わないこと。

他にも購入の際には、銀行窓口ではなくネット証券口座を通して自分で買うこともオススメですね。

あるか。
あるか。

初めてだと不安かもしれませんが、調べながら買うことで自然と知識が身につくことが出来ますよ♫

あとは、余計な手数料かからないのも魅力的ですっ!

現在の失敗から学んだ私のオススメは、分かりやすく、100円・または楽天ポイントからと小額から始めることの出来る『楽天証券ですね。

特にポイントから始めることで、実際のお金を使うことがない為、お財布は痛まない・減ったとしてもポイントなので不安にならない、なども挙げられます。

気になった方は、口座開設からチャレンジしてみて下さいね。

以上、あるか(@arukablog)でした。


節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました