日頃の悩みを解決!LAVA『肩こり改善ヨガ』 効果と体験レポ。

突然ですが、こんな生活送っていませんか?


注意するべき生活週間。

・長時間同じ姿勢で作業。(パソコン作業など)

・一定の物を集中して見続ける(スマホなど)

・普段から運動していない。(運動不足)


あるか
あるか

え、全部当てはまりますけど!?


実はこの項目、肩こりの典型的な原因であると言われてる生活習慣なんです。

厚生労働省『国民生活基礎調査(平成19年)』によると、肩こりは女性では1位に挙げられるくらい、私たちの日常生活で自覚している症状となっています。

私自身もかなり肩こりが酷く、この肩こりが原因による頭痛にも苦しんでいました。


あるか
あるか

毎日、頭痛薬を飲まないと生活出来ない時期もありましたね・・・


そんな今回は、ホットヨガスタジオLAVAの『肩こり改善ヨガ』を受けてみた効果・プログラム内容を紹介していきますね。

ホットヨガは、肩こりが改善出来るプロセス(工程)が盛りだくさんなので、効果がすぐに実感できるオススメの肩こり解消方法です。

是非試して見てくださいっ!


ホットヨガスタジオLAVA のキャンペーン情報。

現在、絶賛通い中な、ホットヨガスタジオLAVAでは運動量や難易度、効果によって40種類以上のプログラムを用意されています。

自分でプログラムを選べるので無理せず、心地よくレッスンの効果を実感することが出来ます。

ホットヨガは、ココロもカラダも健康になれる、女性に大人気のエクササイズです。

ホットヨガスタジオLAVAでは手ぶら体験レッスンを実施中!

レッスンに必要なウエア・タオル・マットを全てレンタル出来て お水も付いてきちゃうので、仕事帰りでも大丈夫です♪

体験レッスンはこちらからどうぞ!


『肩こり改善ヨガ』とは。

肩こり改善ヨガ』とは、ダイエット・ボディメイク・体質改善など身体の悩み解消の為考案されたプログラムのカテゴリーに分類されています。

公式HPではこのように紹介されていますね。


ポーズと呼吸を通じて血行を促進し、肩のこわばりを改善して、普段からこりにくい肩を目指すコース。肩とともに連動しているパーツを動かし、肩の正しい位置を維持します。軽い肩で気持ちも前向きに。全身のバランス調整にも効果的です。

ホットヨガスタジオLAVA HPより引用

強度(=運動量の目安)は2.5と設定されているので、ある程度ヨガに慣れた方にオススメします。

他にも、同じ強度2.5は以前紹介した『全身スッキリヨガ』も同じカテゴリーに属していますので、合わせて読んでみてくださいね。


なぜホットヨガは『肩こり』に効果があるのか?

ここでプログラム内容を紹介する前に、なぜホットヨガが『肩こり』に効果があるのか、について解説させて頂きますね。


あるか
あるか

私が『肩こり』が改善された理由がコレなので、是非多くの人に知って欲しいのでっ!

ワガママですみません(^◇^;)


姿勢やゆがみを整える。

パソコン作業など同じ姿勢を続けていると、頭や腕を支えている首や肩甲骨周りが凝り固まり、血流が悪くなることで肩こりを引き起こしてしまいます。

ヨガポーズで全身の筋肉を使って姿勢やゆがみを整えることで、余計な肩への負担がなくなり、肩こりを根本的に改善していくことが出来るんですっ!


肩甲骨周りをしっかり動かす。

運動不足により肩の血流が悪くなり、肩こりに繋がりってしまいます。

ですが、ヨガポーズで肩甲骨周りを動かすことにより、血行が良くなり肩周りがスッキリするだけでなく、気になる背中周りの余分な脂肪も落ちていきますっ!

さらに、筋肉にじんわりと働きかけるストレッチ効果・深呼吸を行うことで、全身の血流や気の巡りをアップさせる効果があり、体の機能を向上していきます。


あるか
あるか

肩こり解消するだけでなく、余分な脂肪が落ちて、体の機能の向上!?

一石三鳥ですねっ✨


全身の血流を促進。

パソコンや携帯電話などの長時間使用により目を酷使すると、目に血液が集中し、肩周りへの血流が悪くなるため肩こりになってしまいます。

ヨガポーズをとることで全身の血液の流れを促進して、目の疲れ(眼精疲労)をとっていくと同時に、目や肩へのストレス・頭痛も解消することが出来ました!


あるか
あるか

言い過ぎですかね?

でも、ヨガに行った後はとても身体の調子がいいんです!

むしろヨガに行けなかった日は体調が悪くなっちゃいますねw


肩こりを解消するヨガプログラムの内容。

この『肩こり改善ヨガ』プログラムのポイント3つは、挙げてみました。


あるか
あるか

このポイントを意識することで、全然身体の動きが変わってきますっ!

ポイントだけでなく、ポーズも紹介しますので見てみてくださいね✨


肩甲骨周りを動かすことに意識を向けよう。

プログラム中は上半身、特に腕まわりを重点的に動かしていきます(まぁ、当たり前かw)

ポーズに合わせて腕周りを動かしながら、肩甲骨を意識して動かしていきましょう。

意識して動かすことで身体の筋肉の動き方が変わり、プログラム前後で同じ動きを行った時に、首の動く範囲・肩甲骨周りの身体の硬さなど、はっきりとした違いが実感できますっ!


あるか
あるか

普段の生活の中でも、肩周りが硬くなった、と感じた際に肩甲骨周りを意識して動かしてみてくださいね♫


肩甲骨周りを伸び縮みする『キャットストレッチ』


あるか
あるか

先に言いますっ!

写真がなかったので文章にて解説させて頂きますっ!

ごめんなさいっ!!(見つけ次第貼ります・・・)


まずは四つん這いの状態から、目線をおへそに向けながら背中を丸めていきます。

この際お尻の骨盤は下に向けることで、より背中を丸めることが出来、肩甲骨周りの筋肉に伸びが感じられますね。

一呼吸を置いて、次に背中を逸らしおへそを床に近づけていきます。

お尻の骨盤も後ろへ向けることで、より肩甲骨周りを縮めることが出来ます。

この伸び縮みを繰り返すことで、肩甲骨周りの固まった筋肉をほぐして肩こりを改善していきます。


腕の付け根を思い切り動かす『ツルのポーズ』!

上記の写真より、もっと上半身を足に近づけて手を組んだ腕を付け根部分から動かし肩の位置まで持っていきます。

この動きにより、肩甲骨周りをこのプログラム中で1番縮めることが出来ますね。

普段の生活の中でなかなか動かすことのない肩甲骨周りの筋肉を動かそうと思ったらキツイかと思います。

キツイ中でもゆっくり深呼吸を繰り返し行うことで、段々深められるので、自分のペースに合わせて行っていきましょう!


終了後は腕がぐったり!これが効果が出ている証ですね。

今回は『肩こり改善ヨガ』についての効果・プログラム内容を紹介しました。

普段動かさない筋肉は、放っておけば硬く凝り固まってしまい、動きを妨げてしまいます。

ちょっとした動作の中で取り入れていき、肩こり知らずの生活を手に入れましょう!

以上、あるか(@arukablog)でした。



ヨガ・ピラティスランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました