2021年は『第2』の収入源を!30代の貯蓄額と副業事情。 | aruka blog

2021年は『第2』の収入源を!30代の貯蓄額と副業事情。

お金のこと考えてみた。

去年から流行り始めたウイルスにより、生活スタイルだけでなく収入やお金の使い方も変化し始めました。

特に30代になると家庭持ち・独身問わず、人生の中で最も仕事・プライベートともに充実し始める時期でもありますので、より影響があったと言えますね。

今までの仕事だけでなく、新たに『第2』の収入源を求めて副業を始めた方が増えたことが分かる調査結果を確認しながら今年の目標や考えをまとめてみましょう!

あるか。
あるか。

私もこのブログだけでなく、フリマアプリなどで不用品を出品を始めたよっ
周りがスッキリするだけでなく、お小遣いが増えてダブルで嬉しいです♪

・先行きの不安感による貯蓄率の増加
・将来到達していたい預貯金の目標額は30代では約1883万円
・不預貯金を増やすための行動に『支出を減らすこと』が7割を占める。

スポンサーリンク

『貯蓄と投資に関する調査2020』を読んでみた。

<img loading=

以前に貯金実態調査2019と言う調査結果を読んでみたことから始まった『貯金100万円シリーズ』が始まりました。

あるか。
あるか。

今回も2020版を・・・と思いましたが今回は調査されていなかったので別の企業が調査した結果を読んでみましょう!

資産運用でも知られている、大和証券グループ本社が100%出資する株式会社大和ネクスト銀行が下記の内容で調査してみました。

調査タイトル:貯蓄と投資に関する調査2020
期間:2020年9月3日~9月4日の2日間
対象者:全国の20歳~69歳の男女
人数:1000名(20代~60代男女の各100名)

この調査は『貯蓄』と『投資』についてですが、この記事では『30代の貯蓄』の重点をおいて読み進めることとしますね。

あるか。
あるか。

私たちの同世代の気になる貯蓄事情を読んで、自分はどうだったか振り返ってみましょう♪


現在の貯蓄の状況は?

今回の『貯蓄と投資に関する2020』は前半は貯蓄状況について、後半は投資の状態や投資額・運用方法などについて調べられています。

あるか。
あるか。

私自身も『投資』を行ってるので後半の内容が気になりますが、今回は貯蓄について重点的に見ていきましょう!

『私、読んでみたいな。』と言う方は調査結果を読んでみてくださいね。

まずは気になる同世代の貯蓄状況はこのような結果となりました。


30代女性の預貯金は500万円以上の割合は16%

<img class=

ここでは載せませんでしたが、預貯金をどのくらい持っているかの質問に全体で『0円』が13.7%、『1円~100万円未満』が26.0%、『100万円~200万円未満』が14.1%と言った内容でした。

この結果を踏まえながら、逆に預貯金がない割合を見てみると30代は男女ともに10%で最も低かった60代女性の8%に近い数値ですね。

あるか。
あるか。

つまり、みんなこの状況化のなかで貯金をしてる人が多いってことだね!?

みんな頑張ってるんだなぁ~!

また、預貯金が500万円以上の猛者が30代女性は16%、男性が20%と言った結果となりました。

年齢が上がる毎に右肩上がりで割合が増えていることから、若い内から少しずつお金を貯めて500万円以上貯めた人が増えていることが分かりますね。

自分は『貯蓄上手だと思うか?』と言った質問に、30代女性の回答。
・当てはまる(43%)
・当てはまらない(57%)

去年と比べて預貯金が増えたとの回答は26%

<img loading=

2019年に比べて今年(2020年)と比べて預貯金はどうだったか、との質問に対して全体で『増えている』は25.5%、『変わらない』は56.0%、『減っている』は18.5%となりました。

あるか。
あるか。

一番高いのが20代!?次に30代と順に割合が減ってる・・・
ワカモノって凄い・・・

預貯金を増やすための行動に、20代女性の回答。
・支出を減らすこと(77%)
・収入を増やすこと(23%)
預貯金を増やした20代は収入よりも支出(固定費など)を減らす行動に力を入れていることが分かる。

みんなの貯蓄方法は?

次に、どのように貯蓄したのか・目標額・将来どのくらい貯めたいかについての質問結果です。

あるか。
あるか。

また気になる内容ですね♪
ちなみに、みんなの預貯金の持ち方はこんな感じだったよ!

・円普通預金・貯金(86.0%)
・円定期預金・貯金(37.7%) 
・タンス預金 (10.5%)
ほか、外貨預金・財形貯蓄が数%。


貯蓄スタイル『毎月コツコツ』と『お金が余ったら』が拮抗。

<img loading=

どのように貯蓄したのか(貯蓄スタイル)の質問に対し、『毎月コツコツと貯蓄』 (54.9%) と『お金が余ったときに貯蓄』 (53.5%)と半分を占める結果に。

あるか。
あるか。

コツコツ貯蓄の人が多いイメージがあった・・・

定期的に決まった貯蓄を行ってる人、裕資金ができたときに貯蓄を行っている人どちらもほぼ同じな事は結構意外と感じましたね。

30代は若干『毎月コツコツと貯蓄』スタイルが多いようです。

今後頑張りたいのは『預貯金を増やすこと』か、『投資で資産を増やすこと』なのかについて30代女性の回答。
・預貯金を増やすこと(79%)
・投資で資産を増やすこと(11%)
まだ『投資』よりも先行きの不安感から手元に『現金』を残していたい印象。

30代の預貯金の目標額は685万円。

<img loading=

預貯金の目標額についての質問では、平均額の1015万円に対して30代は683万円とやや低めな目標額となりましたね。

ですが500万円到達している人の割合が女性は16%、男性が20%と考えると、みんな現状把握しながら自分の到達出来るであろう額に設定しているので、良い目標額と感じます。

自分は、太っ腹だと思うか、ケチだと思うかについて30代女性の回答。
・太っ腹だと思う(27%)
・ケチだと思う(73%)
ちなみに私もケチんぼです(?)

将来の預金額の平均は2224万円。

<img loading=

最後に70歳(将来)になったときに到達していたい預貯金の目標額は、平均2034万円に対して30代は1883万円との結果でした。

どの年代に対しても言えますが、平均2000万円に近い数字なのは『2000万円問題』を見据えているようですね。

あるか。
あるか。

私も将来は2000万円に到達したい・・・!
でも収入は大幅に増えないし・・・どうすれば!?


スポンサーリンク

去年から増えている第2の収入源、『副業』の状況。

<img loading=

ここまでは『貯蓄』について見てきましたが、同世代である30代についてこんなことが分かりました。

・30代の目標預貯金は683万円。
・将来の目標預貯金額は1883万円。
・預貯金がない割合は低いが、500万円以上は20%である。

あるか。
あるか。

本業でドドーンと収入が増えるのは大変そう・・・
でも将来安定した暮らしの為にはお金が必要だよね・・・

このような考えを持った人が増えた2020年は『副業』デビューした人が多かった年でもありました。

ここで総合転職情報サイト『マイナビ転職』が『副業に関する意識調査』に軽く紹介してみますね。

調査タイトル:副業に関する意識調査
期間:2020年11月13日~11月16日の4日間
対象者:副業意向がある会社員(正社員)・公務員
人数:800名(20代~59代男女の各200名)


副業で得ている金額が約6万円の驚き。

<img loading=

この調査結果で1番驚いたのは、実際に『副業』を行って得ている・または得ていた平均月収が59782万円と言う内容でした。

あるか。
あるか。

けっこう稼いでるね!?
あとみんなの中の希望月収13万円って目標も高い・・・!

副業を始めた理由も、やはり金銭不足・不安の解消・将来への備えや収入への不安と言った内容ではありますが一方、副業を実際にやってみて満足との回答に65.5%と高め。

キッカケはネガティブな意見が多かったですが、副業によって金銭面だけでなく楽しみながら行っている印象ですね♪


副業を実際にやってみて『やりがいを感じた』32.8%

<img src=

副業を実際にやってみて、どんなことを感じたかについての回答では、やりがいを感じた(32.8%)視野が広がった(31.4%)人脈が広がった(31.4%)と高評価な意見が!

あるか。
あるか。

希望額に届いていない人が半分以上いる中でこの意見が多く挙がったってことは本当に満足してるんだね♪

本業だけでなく、副業も行うとなると時間が取られたり手間が増えることもありますが、本業にはない別の楽しみながら収入を得る満足感が味わえるようですね。


将来に差がつくのは、小さな意識の違いと行動力。

今回は2020年の貯蓄や副業状況を見てきました。

こんな現状の中で自分の将来に不安を抱いている人が多いですが、もしもの時の貯蓄や本業で上手く行かなかった時の副業収入があれば心の負担も軽くなるかもしれません。

2021年は是非『新しく何かを始めた年』として前向きな年にしていきましょう!

あるか。
あるか。

まずは周りの不要となったものを売ってみる経験を積んでみましょう!
失敗しても経験となり追加でお金もかからない素敵な『副業』ですよ♪

以上、あるか(@arukablog)でした。


節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました